2008年04月24日

東北新幹線 高速試験車両 フォステック360

仙台出張の帰りに21時20分頃の東京駅行きの東北新幹線を乗ろうと、上り新幹線ホームに行くと見慣れないデザインの新幹線を目撃。これは新営業車両か?それとも開発中の秘密の車両か、などと勝手に盛り上がりやや興奮気味に撮影しておりました。後部車両から先頭車両に向かって歩いて行くと、車両毎に色の異なる座席と、座席が無く測定器らしい機材が置かれてる車両があるのが確認できました。そしてしばらくすると、上りホームに居たのになぜか北上駅方向に発車していきました。
帰ってからこの車両のことを調べてみると、これは2010年度に東北新幹線が新青森に延伸するにあたり、営業速度360Kmを目指すために開発した試験車両で、高速営業運転を行なうための各種データを取得するための車両とのことでした。

FASTECH
FASTECH
仙台駅上りホーム 夜21時
FASTECH360S
FASTECH  
北上駅方向へ発車


参考リンク:Wikipedia 新幹線E954型電車http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9AE954%E5%BD%A2%E9%9B%BB%E8%BB%8A
posted by Take at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道

2007年12月01日

京浜東北線の新車両E233

土曜の昼前の10時20分ごろ出かけるために田端駅のホームで電車を待っていたところ、行き先表示板に回送と書かれた電車がやってきました。よくみると、すでに中央線に導入されているE233系の京浜東北線版(1000番台)でした。まだ試運転のようで一旦止まった後は、ドアは開かずにすぐに発車していきました。この新車両の営業運転が始まるのも近いようです。

E233 E233
田端駅を回送として通過
京浜東北線の新車両(E233系)
E233  
中には液晶モニターが2つ
続きを読む
posted by Take at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道

2006年06月25日

井の頭線の秘密 〜小田急線との連絡線〜

私自身、幼少な頃はわざわざ東京駅までブルートレインのヘッドマークを撮影しに行ったりしたこともある結構鉄道好きな小僧でありました。そんな私が先日とある本屋さんで「井の頭線沿線の1世紀」と言う本を手にしました。実は世田谷の新代田駅にも9年も住んでいたこともあり、井の頭線をよく利用していたのでふと興味がそそられてでした。
それを読むと、なんと戦時中に京王井の頭線の「新代田駅」と小田急線小田原線の「世田谷代田駅」の間に線路が引かれて、その線路を使って井の頭線に車両が送られたことがあるという事実を知りました。
これについてWEBで調べると、戦争も末期の敗戦となる1945年の5月24日-25日の東京大空襲で、井の頭線の車両基地である永福町の車庫が空襲で焼け、使用できる車両がほとんど無くなってしまった。線路はそれほど焼けることは無かったが、車両が無くなってしまったため、急遽、現在の小田急線の世田谷代田駅と井の頭線の新代田駅の間に連絡線を作り、小田急線の車両を井の頭線に応援車両として送り使用したとの事です。実は、井の頭線は戦前は小田急電鉄の配下でレールゲージも一緒でこのようなことができたのです。(井の頭線が京王電鉄の前身である京王帝都電鉄の所有になったのは戦後の事)
この辺りについては、いくつかのWEB で詳細に記載されていますので ここでは割愛しますが、 私はこの連絡線跡を見つけに久々に小田急線と井の頭線に乗って新代田駅まで行きました。戦後すぐの空中撮影地図と最近の空中撮影地図を照らし合わせながら新代田から世田谷代田に向けて歩いて見ました。(下記連絡線の検証をご覧下さい)しかし、道沿いには廃線跡と思われるものは見つけられませんでした。ですが地図を重ね合わせて見ると、連絡線あったと思われる部分が道になっているように見えたり、家屋や区画が連絡線に合わせて不自然な箇所がある所や、また世田谷代田駅北口の空き地の部分が痕跡として見てとれます。
久々に小田急線に乗りましたが現在連続立体交差事業で線路は大工事しており、その影響で世田谷代田の駅も地下化されるとのことです。これで、世田谷代田駅の北口にある唯一の名残りも時代の流れととも消えてしまうのもちょっと残念ですね。

井の頭線と小田急小田原線の連絡線
連絡線の検証(約1分程度動画)
(クリックしてください


追記:小田急線と南武線の間にも戦時中に使われた連絡線が登戸駅周辺にあり、宿河原駅方向から来た南武線が左に分岐し、向ヶ丘遊園駅へ繋がる線がこちらの国土地理院の米軍撮影空中写真に映っています。

参考サイト:
Wikipedia 京王井の頭線 http://ja.wikipedia.org/wiki/京王井の頭線
京王電鉄 あいぼりー http://www.keio.co.jp/press/ivory/26/his01.html
KYOICHI YOSHIDA The Ruins of Rail http://www.kysd.net/kdaita.html
posted by Take at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道