2008年07月18日

8mmフィルムをデジタル変換

今年の2月に父が亡くなり、父の部屋を片づけをしていると段ボール箱から約50本近くの8mmフィルムが出てきました。
そういえば、むかし8mmフィルムカメラをおもちゃ代わりに遊んでいた事を思い出しました。しかし、このカメラで撮られたフィルムに何が映っているのか今まで見た事はありませんでした。映写機も戸棚の奥の方にありましたが、さすがに年月が経っており動くようには見えないし・・。
親父が8mmフィルムに何を撮影したのか、それを確認できないのはちょっと残念な気持ちなっていました。きっとそこには親父の心に残したい何かが映っているはずと。
そこで、フィルムをデジタル変換してもらえる業者ないかとネット検索すると結構たくさんあり、値段も60分程度1万3千円ぐらい。まぁ、見れない映像が見れるようになるのであれば安いと思い、思い切って依頼する事にしました。
今回依頼した業者さんは“MACRO”さん。こちらでは父が使っていたレギュラー8と呼ばれる8mmフィルムの中でも古いタイプのものまで対応し、かつ納入実績も官公庁関連などもあり信用できると思いこちらに依頼しました。
フィルムと申込書を箱に詰め宅配便で郵送して、一週間も掛からずに変換されて帰ってきました。
フィルム24本を依頼しましたが、1本は経年劣化でダビングできなかったもののその他はダビングが出来たとの事で、miniDVテープで2本に変換されました。
一般的にはDVDディスクに変換ダビングを依頼する方が多いようですが、私はあえてminiDVテープに変換する様にお願いしました。なぜかというと、変換後にパソコン上で自分で編集しその後DVD化をしようとしていたので、パソコンへの取り込み後の編集、画質の劣化を考えるとMPEG2となるDVDでは編集後に画質劣化が激しくなるため、マスターとしてはminiDVテープで持っていた方が何かと都合が良いためです。

さぁ実際変換されたテープを再生してみると、昭和37年頃のまだ若い父や母、姉の幼少時代、そして親戚が映っておりました。画質も思ったよりもよく映っている映像に気持ちが引き込まれて行きました。
感想としては、変換ダビングを依頼してほんとに良かった。父や母、親族が昭和の時代を一生懸命生き抜いている姿に感動しました。自分の家の実際にあった“三丁目の夕日”という感じです。
もし、皆さんの家に8mmフィルムがあれば是非変換して見てみたらいかがでしょうか。
きっと何か心に感じるものがあると思います。

8mmフィルム

8mmフィルム
(レギュラー8)

いずれの映像も昭和36年から37年頃に撮影されたもの
昭和37年頃のテレビ
昭和37年頃のテレビ 歴史を感じる
千寿第三小学校
楠木正成像
千寿第三小学校と思われる
皇居外苑の楠木正成像
東京タワー 羽田空港

右に見えるのが出来てまもない東京タワー、皇居前広場から望む。まだ周りには高いビルは少ない

羽田空港での飛行機


参考リンク:
● MACRO
posted by Take at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ら・し・い

2004年08月27日

十六茶の真実...。

「十六茶」といえばアサヒ飲料のペットボトルなどで売られているこれをよく街で見かけるけど、私は今まで「十六茶」はアサヒ飲料が独自に開発して販売しているのかと思っていました。
実はこの「十六茶」は 、もともとシャンソン化粧品が煮出して飲む健康茶として開発していたものを、アサヒ飲料と提携し清涼飲料水として販売されたそうです。
そのため、今でもシャンソン化粧品では煮出しパックの十六茶を販売しており、健康維持のお茶として人気を呼んでいるそうです。
ちなみに「十六茶」は「お茶をブレンド」する考えのお茶飲料の中では老舗だそうです。
また、アサヒ飲料の十六茶は季節に応じてブレンドする素材の比率を変えて季節にあった飲み口にしているそうですよ。 なんかへぇ〜って感じです。

シャンソン 十六茶
アサヒ 十六茶
シャンソン 十六茶
アサヒ 十六茶


参考サイト:
シャンソン 十六茶 http://chanson.jp/16.htm
アサヒ飲料 十六茶研究所 http://www.asahiinryo.co.jp/16cha/index.html
posted by Take at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ら・し・い

2004年08月12日

大江戸打ち水大作戦2004!!

来週8月18日から25日まで「大江戸打ち水大作戦」が行われるそうだ。正午に一斉に打ち水をして、ヒートアイランド現象の東京をどこまで涼しく行えるかの大実験!。これは結構面白い企画じゃ。「打ち水」は古来からの江戸の習慣、それで現代の異常気象を押さえられたらすごくないかい!。記事を読むと、打ち水を行うと水が温度を奪うことに以外にも、奪った水の影響で涼しい風が吹くようになるという。(今年の打ち水大作戦のキャッチフレーズは“風をおこそう!”である。)
特に今年の夏は異常に暑いから自分の家の前でも水をまけば、見た目にも、肌にも「涼」が感じられるかもね(^_^)。

参考サイト
毎日新聞:http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/env/news/20040810ddm013040036000c.html

大江戸打ち水大作戦:http://www.uchimizu.jp/
posted by Take at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ら・し・い