2009年04月19日

五月人形

昨年赤ん坊が生まれたこと先に書きましたが、早くも初節句の時期となりました。3月中旬ぐらいからデパートやアカチャン本舗などの五月人形の展示をみてまわりましたが、5万ぐらいから高いのでは15万を超えるものまであってビックリ!でした。子供の幸せを祈るものとしても一年の一時期だけ飾る人形に、さすがに15万をかけるのもちょっともったいない気がしますよねぇ。何せおむつやベビーカーやら何かと出費がかさむ時期ですし・・・。
まぁそれはさておき、五月人形のお飾りの姿の種類には、鎧作りや兜作り、童人形などがあるそうです。昔私の実家にあった五月人形は結構大きかったような気が・・・。しかし、今の家はマンションで大きいものは置けないのでコンパクトな五月人形を探すこととなりました。
鎧作りタイプは鎧自体が大きくなり、また見た目の印象がちょっと怖い印象があるので即却下。
兜飾りで探しみると今年は大河ドラマ「天地人」で直江兼続がでてくるせいか「愛」の文字が象られたものがありました。これを買っても新潟の方ならまだしも、東京の生まれのうちの場合は大きくなったときに「なぜ直江兼続なんだぁ」とか、「大河でやっていたんだよ」なんて言ったら、きっと「はやりで買ったわけ」なんて突っ込まれそうなのでこれも却下。その他の兜はお店でいろいろ見て回っても、兜のデザインはどこも変わり場合がなく、購入の決めてがなく困っていました。
そんなときに、ネットのこのページで「ふらここ」さんの五月人形を見つけました。
他にはない可愛らしい顔立ちのお人形で嫁も嫁の母もとても気に入り、兜と童人形がいっしょになった「喜」を購入しました。
商品が届いてあらためてお人形を見てみると、そのやさしいお顔が育児に奔走している父母の心を落ち着かせ、やはり購入してよかったって気がしました!?かなりお気に入りです!。お値段はそこそこでしたが、結局購入代金は義理の母に出していだきました。ありがとうございました m(__)m。
また、親戚より加賀のむかしぎれ創作人形の「五月人形」もいただきました。雲の上で鯉に乗った童を布きれであわせて作られており、ほのぼのとした雰囲気のお人形です。こちらも一緒に置き飾り、これで我が子の初節句の用意ができました〜!。

ふらここ人形1ふらここ2
「ふらここ」さんの五月人形
お顔がやさしい
むかしそぎれ創作人形 俵ひでこ 
「俵ひでこ」さんのむかしぎれ創作人形 


■ 参考リンク:
・ふらここ http://gogatsu.furacoco.ne.jp/
・五月人形/雛人形選び方ナビ http://www.ningyou-navi.com/gogatsu/index.html
・むかしぎれ創作人形 一秀庵 (俵 ひでこ) http://ytwr.ld.infoseek.co.jp/
posted by Take at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | こども